分子科学研究所は、大学共同利用機関法人自然科学研究機構に属しており、民間企業の方にも可能な設備を有償で開放しています。 申請書および利用手順は、UVSOR装置・機器センター装置・装置開発によって異なります。各支援担当者にお問い合わせの上、ご利用ください。
※実験実施の際の万一の傷害に関する保障に関しましては、利用者の責任とさせて頂きますので、ご了承願います。
※利用料に関しましては、支援一覧をご覧ください。
  • 申込にあたっては事前に所内担当者に連絡し、十分協議の上、申請を行なってください。
  • ■利用期間・申込締切
      利用期間は、単年度につき下表の区分があり、年度を超える分については改めて申請していただきます。
      採択後、実際に利用できるまで、手続きに2ヶ月ほど要しますので予めご了承ください。

  •  【通常申請】
      利用期間    申込締切(注1)   採否通知メール  
     前期(4/1〜9/30) 前年度12月  前年度3月下旬 
     後期(10/1〜翌3/31)  当年度 6月  9月下旬
      (注1)12月、6月の締切日付はトップページNews欄にてお知らせします。

  •  【随時申請】
       装置に空きが出た場合は、随時申請も可能です。
       この場合採否通知メール送信は、前期利用:4月中旬以降、後期利用:10月中旬以降で、かつ申請から約2週間後となります。
  • ■申請方法
    • ご申請には以下の誓約が必須となります。

    • 【不正防止のための確認】
    •  提案代表者ならびに本提案における利用者全員は、文部科学省「ナノテクノロジープラットフォーム事業」における共用設備の利用等にあたり、
       @「研究活動における不正行為への対応等に関するガイドライン」平成26年8月26日文部科学大臣決定
    •  A「大学共同利用機関法人自然科学研究機構研究活動上の不正行為を防止するための基本方針」平成20年2月28日制定
    •  B「大学共同利用機関法人自然科学研究機構における研究活動上の不正行為への対応に関する規程」平成20年2月28日 自機規程第74号
    •  を理解し、これらのガイドライン・方針・規程、自身が所属する機関の規則、関連する法令などを遵守し、研究活動における特定不正行為(捏造、
    •  改ざん、盗用)、及びそれ以外の不正行為(不適切なオーサーシップ、二重投稿等)を行いません。

    • 【安全ガイドラインの遵守についての確認】
    •  申請者及び共同利用研究者は、貴研究所の装置の有償利用にあたり、分子科学研究所安全ガイド(https://www.ac.jp/guide/safetyguide.pdf)を
    • 理解し、これらのガイドライン、自身が所属する機関の規則、労働安全衛生法等の関連する法令等を遵守し、安全と環境を常に意識しながら、
    • 研究活動における事故・災害の発生防止に努めます。
       また、実施に当たって、万一の傷害等の保障に関しては、申請者と申請者の所属機関においてすべての責任が負えることを誓約します。

    •  以下申請書を”両面印刷”して郵送ください。

  • ・【成果公開型】極端紫外光研究施設XMCD利用申請書  Word  PDF   
  •        ※研究目的と実施計画については、別紙にA4縦1枚(2ページ)に記述し、申請書に添付してください。
  • ・【成果非公開型】極端紫外光研究施設XMCD利用申請書  Word  PDF

※申請内容に追加・変更等が生じた場合は、改めて申請書の提出が必要となりますので、ご留意ください。

  • [ 申請書提出先 ]
     自然科学研究機構 分子科学研究所 機器センター(ナノプラット)事務室
     〒444-8585 愛知県岡崎市明大寺町字西郷中38
     TEL:0564-55-7337  E-mail:nano-office@ims.ac.jp
  • ■<重要>有償利用手順
    装置使用料は前納した上でご利用をお願い致します。
  • 採択後、弊所より請求書を郵送しますので、指定期日までに納付をお願い致します。
    なお、装置利用前の納付が難しい場合は後納も可能ですが、「徴収指定期日延期申請書」の提出が必要です。事前に共同利用係までご相談ください。

  • ※既納の使用料はやむを得ない事由に該当する場合を除き、返納致しかねますのでご留意ください。
    ※日時の変更に伴う、使用料の追加が発生した場合は、すみやかに共同利用係までご連絡をお願い致します。
  • ・徴収指定期日延期申請書 Word  PDF(記入例)

  • [ 徴収指定期日延期申請書  提出先 ]
      自然科学研究機構 岡崎統合事務センター 国際研究協力課共同利用係
      〒444-8585 愛知県岡崎市明大寺町字西郷中38
      TEL:0564-55-7133  E-mail:r7133@orion.ac.jp
  • 採否は、ナノプラット小委員会の回覧審議の後、UVSOR課題採択小委員会で審議し、UVSOR運営委員会にて決議後、UVSOR施設長が決定いたします。
  • 採択となりましたら、「許可書」を申請者へ連絡致します。
  • 採択後の手続きは(来所計画、旅費申請を含めて)、UVSORが担当します。
    「UVSOR施設 利用ガイドブック」をご参照のうえ、利用手続きを行ってください。詳しくは UVSOR施設ホームページ をご参照ください。

    ※利用に際して、「放射線業務従事承認書」に加えて「実験試料・化学薬品の使用届」の提出を忘れないこと。
     また、来所の際には「放射線業務従事承認書」の写しを持参すること。
  • ※来所予定の方で申請書に記載のない方、また代表者・共同研究者の方に変更がある場合は、改めて申請書の提出が必要です。

  • [ UVSOR 連絡先 ]
    自然科学研究機構 分子科学研究所 UVSOR
     〒444-8585 愛知県岡崎市明大寺町字西郷中38
      TEL:0564-55-7402 担当:萩原 久代  E-mail:hagiwara@ims.ac.jp
       
  • 各種書類ダウンロード
  • [有償利用要項]
    ・極端紫外光研究施設 走査型透過軟X線顕微鏡(STXM)及びX線磁気円二色性測定装置(XMCD)有償利用要項 PDF
  • 成果公開型の場合は、年度末に成果報告書類を提出していただきます。(成果非公開型の場合は提出不要。)
    「UVSOR Activity Report」の英文原稿提出(UVSOR施設より依頼)に加えて、文部科学省提出の下記、「利用報告書」と「業績リスト」を作成して頂くこととなっております。年度末が近付きましたら、申請代表者の方へご連絡させて頂きますので、宜しくお願い致します。

    ※成果公開を見合わせる必要がある場合は、成果公開を猶予することが可能です。事前に公開猶予とする理由を、機器センター(ナノプラット)事務室へご連絡ください。
     なお、猶予期間は最大2年間です。公開猶予でも利用報告書は提出して頂きます。提出は頂きますが、公開するのは公開猶予終了後となりますのでご承知おきください。
    ※年度内で、一度も支援ご利用のない方は、提出は不要です。

  • 成果非公開型の場合は、ご利用の都度、利用報告書(成果非公開用)を1ヶ月以内にご提出ください。
  • ■成果報告提出書類 (成果公開型)
  • ・利用報告書    Word  Word(英語版)
    ・業績リスト     Excel
  • ■利用後提出書類 (成果非公開型)
  • ・極端紫外光研究施設XMCD利用報告書(成果非公開用)  Word

[成果非公開型 提出先]
自然科学研究機構 岡崎統合事務センター 国際研究協力課共同利用係
〒444-8585 愛知県岡崎市明大寺町字西郷中38
TEL:0564-55-7133 E-mail:r7133@orion.ac.jp


  • 申込にあたっては事前に所内担当者に連絡し、十分協議の上、ご利用日程が決まり次第速やかに、申請書をご提出ください。
    機器センター装置利用の場合、研究題目が同じであれば、1件の申請に複数の設備を利用いただけます。
  • 申請は利用期間(ご利用希望日程)ごとに必要となります。年度を越える分については改めて申請していただきます。
  • ■利用開始日
    「許可書」が発行されるまでは支援をご利用いただけません。申請から発行までに最短で2週間程度かかりますので、利用開始日ご記入の際にはご注意願います。
  • ■申請方法
    •  ご申請には以下の誓約が必須となります。

    • 【不正防止のための確認】
    •  提案代表者ならびに本提案における利用者全員は、文部科学省「ナノテクノロジープラットフォーム事業」における共用設備の利用等にあたり、
       @「研究活動における不正行為への対応等に関するガイドライン」平成26年8月26日文部科学大臣決定
    •  A「大学共同利用機関法人自然科学研究機構研究活動上の不正行為を防止するための基本方針」平成20年2月28日制定
    •  B「大学共同利用機関法人自然科学研究機構における研究活動上の不正行為への対応に関する規程」平成20年2月28日 自機規程第74号
    •  を理解し、これらのガイドライン・方針・規程、自身が所属する機関の規則、関連する法令などを遵守し、研究活動における特定不正行為(捏造、
    •  改ざん、盗用)、及びそれ以外の不正行為(不適切なオーサーシップ、二重投稿等)を行いません。

      【安全ガイドラインの遵守についての確認】
    •  申請者及び共同利用研究者は、貴研究所の装置の有償利用にあたり、分子科学研究所安全ガイド(https://www.ac.jp/guide/safetyguide.pdf)を
    • 理解し、これらのガイドライン、自身が所属する機関の規則、労働安全衛生法等の関連する法令等を遵守し、安全と環境を常に意識しながら、
    • 研究活動における事故・災害の発生防止に努めます。
       また、実施に当たって、万一の傷害等の保障に関しては、申請者と申請者の所属機関においてすべての責任が負えることを誓約します。

      以下申請書を”両面印刷”して郵送ください。
      また、放射線業務に従事する場合は、事前に「 放射線業務従事承認書 」 を、ナノプラット事務室まで郵送してください。
  • 【成果公開型】
    ・機器センター装置利用申請書  Word  PDF
    ・装置開発室装置利用申請書  Word  PDF
   ※研究目的と実施計画については、別紙にA4縦1枚(2ページ)に記述し、申請書に添付してください。
  • 【成果非公開型】
    ・機器センター装置利用申請書  Word  PDF
    ・装置開発室装置利用申請書  Word  PDF

※申請内容に追加・変更等が生じた場合は、改めて申請書の提出が必要となりますので、ご留意ください。
  • [ 申請書・放射線業務従事承認書 提出先 ]
     自然科学研究機構 分子科学研究所 機器センター(ナノプラット)事務室
     〒444-8585 愛知県岡崎市明大寺町字西郷中38
     TEL:0564-55-7337  E-mail:nano-office@ims.ac.jp
    • ■<重要>有償利用手順
      装置使用料は前納した上でご利用をお願い致します。
    • 採択後、弊所より請求書を郵送しますので、指定期日までに納付をお願い致します。
      なお、装置利用前の納付が難しい場合は後納も可能ですが、「徴収指定期日延期申請書」の提出が必要です。事前に機器センター(ナノプラット)事務室までご相談ください。

    • ※既納の使用料はやむを得ない事由に該当する場合を除き、返納致しかねますのでご留意ください。
      ※日時の変更に伴う、使用料の追加が発生した場合は、機器センター(ナノプラット)事務室まで事前にご連絡をお願い致します。

    • ・徴収指定期日延期申請書  Word  PDF(記入例)

    • [ 徴収指定期日延期申請書  提出先 ]
       自然科学研究機構 岡崎統合事務センター 国際研究協力課共同利用係
       〒444-8585 愛知県岡崎市明大寺町字西郷中38
       TEL:0564-55-7133  E-mail:r7133@orion.ac.jp
    • [有償利用要項]
      ・機器センター装置有償利用要項 PDF
      ・装置開発室装置有償利用要項 PDF
  • 申請は以下の通り、審議いたします。
  • ・機器センター施設利用:ナノプラット小委員会の回覧審議後、センター長が決定。
    ・装置開発室施設利用:ナノプラット小委員会の回覧審議後、施設長が決定。
  • 採択となりましたら、「許可書」を申請者へ連絡致します。
  • 採択後の手続きは、機器センター(ナノプラット)事務室が担当します。
    下記手続きを行ってください。
    なお、研究に関する問合せは、各支援担当者までお願いします。
    • ■来所計画の連絡(必須)
      • 【ご来所についてのお願い】
        機器センターではユーザーの緊急時安全管理ならびに施設の利用実態調査のため、
        下記2点についてご協力をお願いしております。
        @ 来所日程の事前通達
        A 利用者記録簿への記載

        本件は施設利用にのみ該当します(各教員との協力研究は含みません)。
        @については日帰り来所や旅費支援手続きの有無にかかわらず、
         来所前に事前連絡をお願いするものです。日程が決まり次第速やかに
         (遅くとも来所前日まで)、機器センター事務(兵藤:hyodo@ims.ac.jp)宛てに
         来所予定の詳細についてご連絡をお願いします。
        Aについて、分子研へ来所された際に、まず各実験棟の最寄りのユーザー控室
         (極低温棟202、南実験棟113、山手5号館1F)のいずれかをご訪問いただき、
         利用者記録簿へ情報の記載をお願いいたします。
         また退所時には同じく確認のため退所記録の記載をお願いします。
         「非公開利用」については、記録簿の指示にしたがって必要情報のみ記載してください。
         本主旨をご理解いただき、作業についてご協力いただけますと幸いです。

      • ※1人1フォームで作成してください。

      • 提案代表者:
        課題番号:
        ************************************************************************
        来所者A
        氏名:
        ふりがな:
        所属:
        職名:
        来所期間: 平成   年   月  日 〜 平成   年   月  日(  泊  日)
        宿泊状況: ホテル  日帰り
        ************************************************************************
        来所者B
        氏名:
        ふりがな:
        所属:
        職名:
        来所期間: 平成   年   月  日 〜 平成   年   月  日(  泊  日)
        宿泊状況: ホテル  日帰り
        ************************************************************************
    • ※放射線業務に従事する場合:
    • 放射線業務従事承認書 」を未提出の方は、 来所2週間前までには機器センター(ナノプラット)事務室まで郵送してください。
    • ※来所予定の方で申請書に記載のない方、また代表者・共同研究者の方に変更がある場合は、改めて申請書の提出が必要です。
  • 各機器の予約方法に従ってください。詳細は、各支援担当者までお問い合わせください。
     
  • 共同利用研究者宿泊施設(三島ロッジ)は、ご利用いただけません。
    ご利用の際は、周辺ホテルにてご予約をお願い致します。( 周辺ホテルリスト

  • 来所当日、正門守衛室で身分証明書を提示後、ネームプレートの申請を受け着用してください。

  • 時間外(平日の8:30−17:30以外)に山手地区を利用される方は、山手地区の利用について をお読みください。
  • 山手地区カードキーが必要な方は機器センター(ナノプラット)事務室または各支援担当者に申し出てください。
     
  • 成果公開型の場合は、年度末に、文部科学省提出の「利用報告書」と「業績リスト」を作成して頂くこととなっております。(成果非公開型の場合は提出不要)
    年度末が近付きましたら、申請代表者の方へご連絡させて頂きますので、宜しくお願い致します。

    ※成果公開を見合わせる必要がある場合は、成果公開を猶予することが可能です。事前に公開猶予とする理由を、機器センター(ナノプラット)事務室へご連絡ください。
     なお、猶予期間は最大2年間です。公開猶予でも利用報告書は提出して頂きます。提出は頂きますが、公開するのは公開猶予終了後となりますのでご承知おきください。
    ※年度内で、一度も支援ご利用のない方は、提出は不要です。

    成果非公開型の場合は、ご利用の都度、利用報告書(成果非公開用)を1ヶ月以内にご提出ください。

  • ■成果報告提出書類 (成果公開型)
  •  ・利用報告書    Word
     
    ・業績リスト     Excel
  • ■利用後提出書類 (成果非公開型)
  •  ・機器センター装置利用報告書(成果非公開用)    Word
     
    ・装置開発室装置利用報告書(成果非公開用)    Word
  • [利用報告書 (成果非公開型)  提出先]
     自然科学研究機構 岡崎統合事務センター 国際研究協力課共同利用係
     〒444-8585 愛知県岡崎市明大寺町字西郷中38
      TEL:0564-55-7133 E-mail:r7133@orion.ac.jp
  •